アクアが愛車の私





私は、アクアを愛車として昨年に新車の福祉車両で購入しました。アクアは、乗り心地が良く、座席はしっかりとした硬めになっています。そして、福祉車両もあるとのことで、目を惹かれました。カラーも豊富にあることや、内装のカラーを一部変えれることなど、嬉しい特権もあります。ナビも最新だったので、スマートフォン対応だったり、ハードディスクでCDも落とすことができ、車の中がかさばることもありません。

福祉車両の場合は、フレンドマチックシートがついており、車いすと座席の間をつないでくれる板のようなものが付いています。慣れるまでは、車いすから離れてしまったり、転倒の危険もありましたが、自分自身が慣れてしまうとそういった失敗もなくなると思います。

私は、初めての自分の車だったので、自分の思うような内装やカラーを選び、乗っているときが幸せに感じました。そしてアクアは去年一年間の新車の売り上げもトップに躍り出ていて、今人気の車として注目を浴びています。

何といってもハイブリットカーなので、ほかの車に比べ、燃費がいい事も人気の秘密といえます。価格高騰中のガソリンを入れる回数が少なくてすみます。そして乗っていても静かなので、安心感が得られます。

アクアの良さは、五人乗りでも窮屈感がないことなどもあります。車は一番の交通手段になっている今、選び方はとても重要となって来ます。価格だけでは選べませんね。

自分の乗りやすさや乗り心地、安心感、自分の好みかどうか、価格に満足できるかなど、さまざまな点であてはまるものを選ぶことが大切です。

私は、乗り始めて約一年ですが、アクアにはとても感謝しています。私にとってアクアは、自分に合った大切なものなので、おすすめできます。



台車で来たアクアに夢中




トヨタのハイブリッドカーでは、プリウスとアクアが、代表格ですが、そのアクアに乗った経験をお話します。

それは、娘が、事故を起こしその代車としてまわされてきた車が、トヨタのアクアだったのです。はじめ私は、始動の仕方が、分からなかったのですが、娘に教えてもらってやっと始動することが出来ました。

ハイブリッドともなるとエンジンをかけるのとは、違ってパソコンのスイッチをオンにする感覚なんですね。びっくりしました。それにエンジン音がないので、結果あまりに静かな為、最初は本当に電源がオンになっているのかどうか心配でしたが、慣れると快適に運転できるこのアクアが、もう手放せないくらい好きになりました。

車の大きさは、見た感じ少し小さい感じがしたのですが、乗ってみると案外室内は広く感じます。娘が乗りこなす分には、全然狭さを感じさせない車です。よく出来ています。デザインも非常に洗練されていて飽きを感じることなく、しばらくは乗っていられる車だと思いました。

私がこのアクアを気に入った点は、何よりもハイブリッドの一番のウリの燃費がいいということです。娘が事故を起こさなかったら代車として我が家に来る事のなかったこのアクアですが、ガソリンの価格の高騰する今日では、なくてはならない一台です。

しかし、私は重大なことに気がつきました。この車は代車だったのです。修理が終われば娘の車が、戻ってきて代わりにこのアクアは返さなければいけないということを・・・。

もう娘よりも私のほうが自分の車のように乗り回しているので、娘には怒られていました。それでもこのアクアの魅力に完全に虜になってしまった私は、今度は自分で購入する為にディーラーを訪れてアクアのの試乗をしている今日この頃です。

参考サイト:トヨタ・アクアを安く購入するならこちら >>
アクア価格のサイト